採用情報

先輩からの声を紹介します

r-photo-yamamoto01
山本さん

(平成24年入社・特養きらめきユニットリーダー・介護福祉士・広島福祉専門学校卒業)
──介護の仕事をしたいと思ったきっかけは?

専門学校を卒業後、仕事で約10年パソコンと向き合う毎日でした。ふと友達に「サービス業が向いてるね」と言われ、職業訓練校で介護の資格が取得できる学校があることを教えてもらい少し興味を持った私は介護の専門学校に通い始めました。介護が向いていなかったら違う仕事をすれば良い!と軽い気持ちでしたが、実習に行き、直接お年寄りの方とお話ししてみて楽しい気持ちになったのと「●●したい!」と言っていたお年寄りの方の願いを叶えたい!と思うようになりました。そこで介護を仕事としてやってみたいと思うようになりみどり園に就職しました。

──府中みどり園で働いてみて「やりがい」とは?

やりたいと思ったことが実現できる職場。例えば「外出したい!」「胃瘻の人に年越しそばを食べて(注入)して欲しい!」などなど・・・。行きつけの食事処、カフェ、美容院に行くのはもちろんですが、阪神好きの方は家族様と一緒に甲子園に応援に行くなど、生活の継続が行えるように支援しています。一人では難しいことでも、上司がアドバイスをくれたり、看護師などの他のスタッフが実現に向けて協力してくれます。実現できるとやりがいにつながり、また入居者様の思いを実現したいとチャレンジしたくなります。

recruit_yamamoto02

──府中みどり園で働いて「楽しかったこと」「切なかったこと」は?

入居者様の突然のお別れがとても切なかったです。
いつもご飯もしっかり食べ、よくお話しする方でしたが夜間、急に体調を崩され・・・突然のお別れでした。その時、「あれもしておけば良かった。これもしておけば・・・」と後悔だらけでした。先輩から「ここにいる人は元気な人もいるが、何が起こるかわからない人もいるんだよ」と教えてもらいました。いつ、何が起こるかわからない。だから後悔のないようにケアしていきたいと思いました。急に「江田島に帰りたい」と言われた方がいて、急遽スタッフと看護師で江田島にお連れしたり、体力が低下してきている方のご主人さまが同じ居室で数週間一緒に過ごされたりと、自己満足かもしれませんが、最期に本人様、家族様の思いが実現できた時、後悔のないお別れを経験出来ました。

recruit_yamamoto01

──就職を希望する人たちに伝えたい事は?

みどり園は地域密着型のホームです。家族様の面会も多く、入居者様と一緒に色々なことが出来ます。さらに、近隣の学校とのつながりも増えてきていて、歌や楽器の演奏、子どもたちと接する機会もあります。入居者様が昔と同じような生活が出来るように、一緒に楽しみましょう。そして、やりたいことを実現していきましょう。

recruit_yamamoto03

r-photo-taniguchi01
谷口さん

(平成27年入社・特養あかね雲ユニット・介護福祉士・トリニティカレッジ卒業)
──介護の仕事をしたいと思ったきっかけは?

私が介護の仕事をやってみたいなと思ったきっかけは、一緒に暮らしていた祖母の姉の介護です。私は食事を部屋に持っていく係でした。毎日、ただ、母の作った食事を持って行っただけなのに、毎回毎回「ありがとう」と嬉しそうに言ってくれる、そんな姿を見て私は介護って素敵だなと思い、この仕事を選びました。

──府中みどり園で働いてみて「やりがい」とは?

府中みどり園に入社して一番やりがいを感じる瞬間は、入居者様、利用者様の「笑顔」を見た時です。外出や行事などいつもと違う雰囲気を味わった時に出る笑顔だけでなく、普段何気ない会話の中でパっと笑顔が見られると「あ~やっぱりこの仕事選んでよかったな。私はこの笑顔のために日々頑張っているんだ」と感じます。

──府中みどり園で働いて「楽しかったこと」「切なかったこと」は?

私がみどり園を選んだきっかけは、外出の多さです。入社してからも、たくさんの外出行事や買い物に入居者様と出かけました。園の中では見ることが難しい景色を一緒に見られることが何よりも楽しいひとときです。

切なかったことは、入居者様、利用者様が亡くなれたり、退居されたりすることです。

「もっとこんな話をしとけば良かった」「一緒に出掛けて美味しいものを食べにいけば良かった」と後悔してしまうことも多くありました。だけど今では、その方たちのおかげで入居者様利用者様の「今」という時間を大切に過ごせていると思います。

recruit_taniguchi02

──就職を希望する人たちに伝えたい事は?

私がみどり園に入社して良かったなと思う事を伝えたいと思います。

まず、スタッフ間で言いたい事が言い合えるほど環境が良いことです。毎日、自然と笑いが出る、そんな職場です。そして、何より魅力的なのが、先ほども書いた「外出の多さ」です。「この方とここに行きたい」そんな希望がみどり園では沢山叶えることが出来ると思います。ぜひ、みどり園に入社して、沢山の思い出を一緒につくりましょう。

recruit_taniguchi01

r-photo-tanaka01
田中さん

(平成24年入社・特養ショート3階フロアリーダー・介護福祉士・福祉リソースカレッジ卒業)
──介護の仕事をしたいと思ったきっかけは?

介護を志した理由は、高校が工業高校だったので、逆に人と関わる仕事につきたいと思い、色々と仕事を探している中、高校の先生から介護を進められて、介護の専門学校のオープンキャンパスに行きました。そこで、介護の先輩方に介護の楽しさ、厳しさを教えていただき、専門学校に入学。実際にお年寄りと実習で関わらせて頂いた時、人の生活や人生に関わる「何か」をしたいと思い、介護の仕事をはじめました。

──府中みどり園で働いてみて「やりがい」とは?

色々な施設がある中で、府中みどり園はユニットケアという方法で日々のケアを行っています。入居者様一人ひとりのペースにスタッフが合わせて、その人それぞれに過ごす時間が違います。「もしも自分だったら、年をとり、施設に入った時に、こういう生活がしたい」ということが見えて、それを入居者様に提供していきたいという思いで働いています。

ユニットケアをしてみて思うことは、介護施設に大事なのは食事、お風呂、トイレのケアだけでなく、その方それぞれがしたいことを提供していくことの大切さです。それがやりがいにつながっています。

recruit_tanaka01

──府中みどり園で働いて「楽しかったこと」「切なかったこと」は?

府中みどり園では、外出行事なども多く行っていて、入居者様と一緒の時間を共有させて頂き、普段の生活では見られない表情や行動を見ることが出来るのがとても楽しいです。また、園内の勉強会も様々なものがあり、参加も自由なので、自分の足りないところやスキルアップも出来ます。

切なかったことは、入居者様が亡くなられた時、もっと出来ることがあったのではないかと後悔することがあります。その方のためにやりきったということはなかなかないので、そういう切ない思いをバネに今の入居者様に関わっています。

──就職を希望する人たちに伝えたい事は?

今はどこでも介護スタッフは必要とされています。しかし、その介護の現場は厳しい現場でもあります。その中で一番大切なのは、いかに楽しく仕事をするかということです。自分が楽しく、幸せでなければ、入居者の方々を幸せにすることは絶対に出来ないと思います。府中みどり園は良い仲間に出会え、楽しく介護が出来る環境です。ぜひ、府中みどり園を希望する人たちと一緒に目標をもって働きたいと思います。

r-photo-kin01
金さん

(平成24年入社・特養きらめきユニット・介護福祉士)
──介護の仕事をしたいと思ったきっかけは?

僕はもともと高校を卒業した時は飲食の道を目指していました。夢は自分のお店を持つことで、その夢を叶えようと上京し、板前修業に励んでいました。2年ほど働いた頃、父が癌になり、帰らぬ人になってしまいました。最期に一緒にいることが出来なかった事に対しての罪悪感と、何も結果を残せなかった悔しさで自暴自棄になっていた時、遺品を整理していると一枚の紙を見つけました。それはヘルパー2級の合格証でした。母に聞いてみると父は自分が亡くなる前に介護の仕事を始めようとしていたとの事でした。父が亡くなる前にやろうとしていた介護の仕事。元々、僕も介護には興味はありましたが、これを見たことで介護を志すことになりました。介護の仕事を始めて、色々と大変なこともありますが、父の遺志をついで自分も介護の仕事を頑張っています。

──府中みどり園で働いてみて「やりがい」とは?

初めての介護職で分からないことが沢山ある中、先輩職員が常に相談にのってくれていました。「自分がどんな介護をすればいいのかを学べて」「チームケアで一緒に仕事を出来ていること」が働いてみてのやりがいです。

もう一つ、自分はお風呂が大好きで、銭湯にも週に1回は通っていますが、府中みどり園はゆっくりと青森ひばの湯船で過ごす事が出来る。それも府中みどり園を選んだきっかけの一つです。

recruit_kin01

──府中みどり園で働いて「楽しかったこと」「切なかったこと」は?

沢山ありますが、一番楽しかったことは、初めて外出できたことです。それまで自分は外出行事は大勢で行くものだと思っていたのですが、府中みどり園に来て、担当の入居者様お一人と一緒に好きなところへ行けました。

昔マツダで働いていた方と一緒にマツダの工場に行ったりもしました。普段はあまり話さない無口な方でしたが工場に着くと「この車は○○、この車は△△、エンジンは・・・」などと饒舌に説明されました。普段とは違い、楽しそうに話す入居者様を見て、お一人の方と外出するとこんなにも新しいその人らしさが見られるのだと思えたことを今でも鮮明に覚えています。その人の人生の歴史や道がわかることが出来るそれが自分にとっては楽しかったことです。

recruit_kin02

──就職を希望する人たちに伝えたい事は?

介護の仕事では、色々なスタッフや入居者様がいます。そんな中で沢山悩んだりすることもあると思いますが、それ以上に楽しいことも沢山あります。笑顔を見ることが出来たり、その人の歴史を見ることが出来たり。僕らと一緒に府中みどり園でその人それぞれの歴史を一緒につくっていきましょう。

recruit_kin03

社会福祉法人みどり 府中みどり園
〒735-0013
広島県安芸郡府中町浜田1丁目6番7号
TEL:082-281-6700
FAX:082-281-6701

Copyright © 2011 社会福祉法人みどり会 府中みどり園 All Rights Reserved.